閉じる

内蒙古时时彩开奖公告查询

ピックアップ

  • 太陽光発電が招いた惨事

    JISに適合しない架台が宙に舞う

     台風21号が近畿地方に接近した2017年10月22日の夜は、兵庫県三田市内でも大規模なパネルの飛散事故が発生した。

  • 統計で読む住宅市場

    既存建物の取引が活発な所に泥棒出没

     既存住宅の流通や新設戸数が多いエリアには窃盗犯が多く、郵便局は少ない――。興味深い結果が、各種統計を分析すると明らかになった。

  • 事例で分かる雨漏り修理のツボ

    2017年4月号 「意匠と雨仕舞いは両立せず?」 後編

     築5年の鉄骨造の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生。2階の外壁は意匠性塗装仕上げ、1階は磁器質タイル。見栄えのする外観だが、外装材に十分な防水性能が備わっていなかった。前編に続き、雨漏りの原因を解説する

  • ニュース解説:土木

    労災死者を15%以上削減、フルハーネス型保護具も原則に

     厚生労働省の労働政策審議会(会長:樋口美雄?慶応義塾大学教授)は、建設業や製造業などの労働災害による死亡者数を2022年までに17年比で15%以上削減するなどの目標を掲げた「第13次労働災害防止計画(13次防)」をまとめた。

  • 製品ガイド:建築?住宅

    ねじ締め付け時のビットの揺れを低減

     マキタは、作業時のビット(先端工具)の振れを大幅に低減した充電式インパクトドライバ「TD171D」と「TD161D」を2018年1月に発売した。

一覧を見る

おすすめ記事

  • ゴジラ倒した超高層ビル、建設中も“ゴジラ押し”

    東京駅の日本橋口前に広がる3ヘクタール超の街区を再開発する常盤橋プロジェクト。事業者の三菱地所は2021年4月の竣工に向けて高さ約212mのA棟に着工した。27年には日本一高い約390mのB棟を建てる同計画が本格的に動き出した。

  • オリンピックパークが2つ?平昌で五輪レガシーを考える

     熱戦が続く平昌(ピョンチャン)冬季五輪。その舞台を、ロンドン五輪施設プロジェクトに携わった建築家の山嵜一也氏が視察した。本連載ではその体験を基に、大会後の活用を見据えた「レガシー計画」を含めた競技場建築の在り方を考える。

  • 介護保険レンタル対応の手すり

     城東テクノは、介護保険レンタルに対応する手すり「motte(モッテ)」を2017年11月に発売した。

  • 2017年4月号 「意匠と雨仕舞いは両立せず?」 前編

     築5年の鉄骨造の店舗併用住宅で、大量の雨漏りが発生。2階の外壁は意匠性塗装仕上げ、1階は磁器質タイル。見栄えのする外観だが、外装材に十分な防水性能が備わっていなかった。(日経ホームビルダー)

  • インフラの損傷を「温度差」で検知、頑丈タブレットに赤外線搭載

     パナソニックは、赤外線を使ってコンクリートのひび割れ長さを測定したり、インフラの異常発熱を検知したりするタブレット端末を開発した。防塵?防水に優れ、衝撃に耐える同社開発のタブレット「TOUGHPAD(タフパッド)」をベースに改良した。

  • 東京を真の国際都市に、先進技術を生かしてROI最大化

     東京の未来を語るうえで外せない一大イベントが、2020年開催の東京オリンピック?パラリンピックだ。魅力的なイベントにするため、先進的なテクノロジーを積極的に活用する方針という。2年後に迫る「ハイテク五輪」をリードするのは、日本IBMの要職やセールスフォース?ドットコム日本法人社長などを歴任した宇陀…

  • 注目の話題は「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」など

     2月19日~2月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」、2016年が「不明瞭な『新国立』B案の落選理由」、2015年が「官公庁のただ働かせ体質に設計者が悲鳴」でした。

  • オールジャパンで挑戦!自動車用CFRP部品を1分で造れ!

     「日本は糸(炭素繊維)は強いが、量産性に優れる炭素繊維強化樹脂(CFRP)の成形技術、特に大物部品の成形技術で欧州の後塵を拝している」(名古屋大学ナショナルコンポジットセンター特任准教授の日下髙至氏)。こうした課題から誕生したのが、炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)を使った自動車用シャシーであ…

製品ガイド

一覧を見る

連載?特集

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築?住宅

もっと見る